世界中の知識層から信頼されるビジネスマン必読の英国誌

英文ビジネス誌 英国エコノミスト
日本語で読める!

  • The Economist
  • The Economist
  • The Economist
  • The Economist

購読をおすすめする3つのポイント!

  • 英国エコノミスト誌が日本語で読める!

    英国エコノミスト誌が
    日本語で読める!

  • 「Economist.com」の英文記事も読める!

    「Economist.com」の
    英文記事も読める!

  • 2007年から10年分のアーカイブ記事(約3,600)のキーワード検索・閲覧が出来る!

    2007年から10年分の
    アーカイブ記事(約3,600)の
    キーワード検索・閲覧が出来る!

英国エコノミスト日本語オンラインサービス

英国エコノミスト
日本語オンラインサービス

※月額1,800円~(個人12ヶ月契約の場合)

お申込みはこちら

英国エコノミスト誌「The Economist」とは

The Economist

独自の視点と高い見識で国際情勢を分析し、国際社会で活動するトップリーダーやビジネスマンに役立つ記事を掲載している英字週刊誌であり全世界で160万部を発行、日本のメディアでも頻繁に引用されています。同誌は1世紀半にわたり世界中のリーダー層から厚い支持を受けており、その鋭い分析と洞察力に富んだ記事は国内外メディアで高く評価されるなど、国際人の必読書といえます。

英国エコノミスト日本語オンラインサービスとは

英国エコノミスト日本語オンラインサービス

毎週、英国エコノミスト誌から主要記事(7点基準)を選択し、日本語に翻訳してその翻訳記事を提供するオンライン情報サービスです。(株)イーアイエスは、2001年に英国エコノミストより翻訳権を取得した世界唯一の翻訳版パートナーです。

ビル・エモット(国際ジャーナリストThe Economist元編集長)

ビル・エモット
(国際ジャーナリストThe Economist元編集長)

英国エコノミスト誌は世界の政治・経済誌の中で追随を許さない雑誌です。1843年創刊、世界で最も歴史があり、独立しており、最も大胆に世界が直面している重要な課題を世界中の知的なリーダーに提供しています。年々The Economistの愛読者は世界中で増加しています。そして、EISが日本人の愛読者のために毎週重要な記事を日本語で配信していることを喜んでいます。

世界中の一流のリーダーに支持されている
「The Economist」

  • エリック・シュミット博士/Google 元会長兼CEO)

    私にとって、『ザ・エコノミスト』は、世界をどのように考えるべきかを示す最高の道しるべです。『ザ・エコノミスト』に代わる選択肢はありません。1誌の中にグローバルな視点で、経済、ビジネス、政治に関する記事を網羅した『ザ・エコノミスト』に匹敵する存在はありません。

    エリック・シュミット博士/Google 元会長兼CEO)
    The Economist : The ideas Pcopleより

  • ジャック・マー/アリババ・グループ 会長兼CEO

    私の人生における、中国以外での最初の重要なインタビューが『ザ・エコノミスト』によるものでした。今でも最初の崇敬を覚えています...「米国にはジェフ・B…中国にはジャック・マー…」『ザ・エコノミスト』は極めて良質の雑誌です。世界中を覗くことができる窓のついた飛行機なのです。

    ジャック・マー/アリババ・グループ 会長兼CEO
    The Economist : The ideas Pcopleより

  • マーク・シャトルワース/ウブントゥ創始者アフリカ出身の宇宙飛行士第1号

    私は情報のほとんどをオンラインで入手しています。テレビも見なければ、ラジオを聞くこともありません。情勢についてのフィルターを通した見解には興味が無いのです。でも『ザ・エコノミスト』だけは、毎週必ず読むことにしています。今日の世界で、おそらく『ザ・エコノミスト』は世の中に対しもっとも独立した視点を持つ雑誌でしょう。

    マーク・シャトルワース/ウブントゥ創始者アフリカ出身の宇宙飛行士第1号
    The Economist : The ideas Pcopleより

  • ドラッカー入門 新版 著者: 上田惇生、井坂康志

    ドラッカーは学校に上がる前の五歳頃から『ザ・エコノミスト』を読んできたことを本書筆者への書簡に記している。(中略)そのおかげもあってか晩年まで『ザ・エコノミスト』には親しみを持ち、書物を出版する前のフィードバックを得るために寄稿した。

    ドラッカー入門 新版 著者: 上田惇生、井坂康志
    ダイヤモンド社 2014年より

日本でも多くの人に支持されている「The Economist」

  • グローバル企業で
    働いている方にオススメ

    現在の職に就いたとたん、ビジネス英語でネイティヴと同様の知識と英語力を求められ、英語力と表現力の乏しさに気付きました。エコノミスト誌を読んでいると、英語での表現の仕方を学べ、世界の情報もわかるので、大変重宝しています。

  • 分からない世界経済に
    精通できる

    日本の新聞や経済雑誌だけではフォローしきれていない、広く深い情報をエコノミストだけで得られます。また、世界各地の経済・政治・社会情勢をタイムリーに、かつ、明確な分析を含む記事で鳥瞰できます。なお、英語の語彙を増やすためにも効果的ではないかと思っています。

  • 最高の雑誌

    とにかく記事の質が高く、物事の問題点だけでなく、その解決策まできちんと記されている点がすばらしい。また、日本のメディアだと海外のニュースは中々入ってこないが、これを読むことでそれを知ることができる。ぜひ一読をすすめる。

  • 世界のコモンセンス

    世界中の人達の共通認識を知るための雑誌として、エコノミストが最も最適であると思います。世界で注目されている話題をこの雑誌だけで知ることができます。

  • 世界標準を知るために

    政治経済やビジネスに限らず、文化や教育・科学など広範な視点を養うために必読の雑誌だと思います。また,日本のメディアでは追いかけられない南米やアフリカなどの情報も掲載されており重宝しています。

  • 読みごたえたっぷり

    「The Economist」を購読してはや3年。日本の新聞では取り上げられない記事が読めるし、世界経済が今、どのようにまわっているかもわかる。加えて、英国からの視点で物を見ることができる。ビジネスマンとしての教養を高めるとともに、ものの見方に幅を持たせたい人におススメです。

英国エコノミスト日本語オンラインサービスは
こんなサービス

英国エコノミスト誌が日本語で読める!

国際的にも認められた情報力・分析力を持つ英国エコノミスト誌のコンテンツの主要7記事を日本語に翻訳して更新しています。
ほぼリアルタイムに、最新の情報を日本語で読むことが出来ます。

「Economist.com」の英文記事・ラジオ版にも
プレミアムアクセス!

日本語版の記事だけでなく、通常32,200円の英文デジタル版記事も追加費用無しで読むことが出来ます。英文デジタル版記事だけでなく、動画やラジオ等、「英国エコノミスト」が提供する充実したコンテンツのすべてにアクセスが可能です。

2007年から10年分のアーカイブ記事(約3,600)
のキーワード検索・閲覧が出来る!

過去10年分の主要記事もすべて日本語で閲覧可能、キーワードで検索して読むことが出来るため、いま起きている問題について、英国エコノミスト誌が過去にどのように分析していたのかなども、すぐに調べることが出来ます。

英国エコノミスト
日本語オンラインサービスの活用法

  • ビジネスのための
    世界動向把握

    ビジネスのための世界動向把握

    世界の政治・経済・ビジネス情報をリードする英国エコノミスト誌の主要記事を日本語でほぼリアルタイムに購読することができるため、世界の動向を把握するのに役立ちます。

  • 国際人としての
    教養を高める

    国際人としての教養を高める

    独自の視点と高い見識で国際情勢を分析されており、国際人としてグローバルな視点での物事の捉え方・教養を高めることが出来ます

  • 英文と日本語訳を読む
    ことで英語力向上

    英文と日本語訳を読むことで英語力向上

    洗練されたレベルの高い文章で書かれており、日本語訳と合わせて読むことで、国際社会でも通用する英語力を鍛えられます。

英国エコノミスト日本語オンラインサービス

英国エコノミスト
日本語オンラインサービス

※月額1,800円~(個人12ヶ月契約の場合)

お申込みはこちら

《日本語》デジタル版+
《英語》デジタル版

《日本語》デジタル版+《英語》デジタル版
今だけ 日本語オンラインサービス
21,600円 1年契約
(2018年春 料金改定予定)

翻訳された日本語デジタル版に加えて、通常32,200円の英文デジタル版も追加費用無しで読むことができます。
お申込みも日本語で出来るから簡単・安心!

《英語》デジタル版

《英語》デジタル版
デジタル版
32,200円 1年契約

英語デジタル版のみをご希望の場合は
economist.comでの直接のお申し込みとなります。

月額と年額の料金表 (2018年春 料金改定予定)

  アカウント
発⾏数
1ヶ月
契約
(30日)
3ヶ月
契約
(90日)
6ヶ月
契約
(180日)
12ヶ月
契約
(365日)
個人 1アカウント 2,380円 6,480円 11,800円 21,600円
法人 3アカウント 37,800円 64,800円
6アカウント 70,200円 129,600円

※クレジット決済の場合は自動更新となります。
※月額定額(1ヶ月契約)の場合は、クレジット決済のみとなります。
※上記以外の条件を希望される場合は、お問い合わせフォームより直接お問い合わせください。グループ購読も承っております。

お申込みはこちら

PAGE TOP