エネルギーEnergy

好機を逃すなSeize the day

石油価格の下落は、悪いエネルギー政策を正すための、1世代に1度の好機を提供している

2015/01/17

Leaders

経済政策の決定は多くの場合、末端だけをいじっている。政治家たちは、税金あるいは支出のささやかな変更について激論を交わしている。だがたまには、画期的な変更があり得る。鄧小平の市場開放(1978年)からポーランドの「ショック療法」(1990年)まで、大胆な政治家たちが好都合の状況をつかみ、自分たちの国を変える改革を断行した。そうした「1世代に1度」の好機が、いま目の前にある。石油価格の下落は、クリーンエネル...

PAGE TOP