米国の人種関係Race relations in America

ファーガソンの教訓The lessons of Ferguson

暴動に対しては、弁明の余地はない。だがより手際の良い警備は、暴動を少なくさせるだろう

2014/08/23

Leaders

ミズーリ州ファーガソン市での暴動が1週間以上経過した後で、米国は何を学ぶことが出来るのだろうか? 1番目で最も簡単な教訓は、警察官たちがカメラを装着すべきであるということだ。彼らの行動が記録されていることが分かっているならば、彼らは容疑者を撃ったりしないだろうし、その反対側にとってもそうだろう。もしも当の警察官のダレン・ウィルソンが、8月9日にカメラを装着していれば、米国民は非武装の18歳の黒人青年...

PAGE TOP