日本の自衛隊Japan’s self-defense forces

戦えない軍隊Barmy army

日本政府は自衛官たちを平和主義の縛りから解放しようとしている しかし自衛官の多くは実戦参加の可能性について考えていない  

2017/02/18

Asia

富山正樹が考える「戦闘」は非現実的な空想の域を出ない。彼は自分の息子が世界で最も規模が大きく最新設備が整った軍隊に入隊できたことを喜んでいたのに、その息子が何らかの実戦に参加することは受け入れられないのである。「息子が人を殺す訓練を受けていると聞いた時には強い憤りを感じた」と富山氏は語る。その強い憤りのゆえに、平和主義憲法に違反しているとして日本政府を訴えることを決めたほどだ。「私の息子は絶対...

PAGE TOP