日本の自動者メーカーJapanese carmakers

活力に満ちているLots of oomph

日本の中規模自動車メーカーは業界の「巨大になるか死滅するか」という命令に反抗している

2014/10/25

Business

日本の自動者業界の謎の1つが、比較的小さな中規模メーカー5社がトヨタ、日産、ホンダのビッグ3と並行して繁栄を続けていることだ。理論的には、第2グループの会社――マツダ、三菱、スズキ、スバル――ははるか昔に国内外のライバル社と合併するか、撤退しているかしていたはずだ。ダイハツは既に、トヨタに発行株式の51%を所有され、その傘下に入っている。この第2グループの5社は、どこも年間販売台数が100から200万台だ。フィ...

PAGE TOP