イスラム国に対する戦争The war against Islamic State

照準に捉えてIn the crosshairs

域内の欧米人はますますターゲットにされている

イスラム国(IS)に対して米国主導で各国が爆撃を開始するまでは、ISは欧米人よりむしろ同じイスラム教徒や少数民族に攻撃の重点を置いていた――ISが登場するまでのアルカイダとは対照的だった。ところが、昨年8月、イラクで空爆が開始されると、ISは米国人や英国人の人質の首を刎ね始めた。その1月後、空爆がシリアにまで拡大されると、ISはその信奉者たちに欧米人を見つけ次第攻撃するように呼びかけた。ISの広報...

PAGE TOP