日本の国家の負債を減少させるBringing down Japan’s national debt

成長を期待してHoping for growth

楽観主義ほど良いものはない――それが非現実的である部分を除いて

2015/06/20

Asia

昨年11月に安倍晋三が、日本の消費税の計画されていた2回目の増税を延期した時、それは正しいことだった。なにしろ2014年4月に実施した第1回目の増税が、既にぜい弱になっていた経済に打撃を与えたのだから。だが日本が、他国よりも遥かに緩和された財務政策――予算の赤字はGDPの6.9%に達する――で運営されていることで、同時に首相は山積する赤字国債<GDPの246%に達しさらに増加している>を低めるような、信頼すべき長期計画...

PAGE TOP