日本の安全保障Japan’s security

本気で議論Gloves off

平和主義国家が、自分自身の安全保障に責任を持つことに少しずつ近づいている

2015/07/11

Asia

日本の国会はこの数カ月、第2次大戦以降もっとも重要な立法上の変更の1つについて論議している。首相の安倍晋三は、日本の軍隊が、<海外での軍事活動への参加、および攻撃されている同盟国(主に米国)の防衛>をもっと容易にできるようにすることを望んでいる。だが、日本の平和憲法の制約を緩めるという安倍氏の長い間の念願は、国内で不人気であることが分かりつつある。政府は、一連の安保法案を7月16日までに強引に国会で...

PAGE TOP