イノベーションInnovation

特許を修正する時Time to fix patents

アイデアは経済を燃え立たせる。今日の特許システムは、それらに報いる劣悪な方法である

2015/08/08

Leaders

1970年に米国は、特許の範囲を拡大することで、穀物科学の潜在力を認識した。特許は本来、進歩を刺激するために創造性に対して報いられるべきものである。しかし、余分な保護を提供したにもかかわらず、それは1980年代における既存の体制の変化とさらなる拡大は図ったものの、麦に対する民間のさらなる研究にも、収穫の増大にもつながらなかった。全体として、米国の農業は、依然と同じような緩やかな上昇を続けたのである...

PAGE TOP