中国の多国籍企業Multinationals in China

前途多難A harder road ahead

外国企業にとって状況は厳しさを増しているが、適者には発展の余地がある

2015/10/31

Business

ここ20年間、多国籍企業にとって中国は見たところ無限の可能性を秘める国であった。日本と韓国は経済発展の初期段階で外国企業を締め出した。対照的に、中国の指導者は、1990年代初頭の鄧小平による改革以来、外国企業を歓迎している。世界に通用する技術を中国に持ち込み、特定の戦略的業界の場合は,中国企業との合弁に同意すれば、外国企業は成長を続ける中国経済というパイの大きな一切れに自由にあずかることができた。しか...

PAGE TOP