日本の金権政治Japan and money politics

厚顔な将軍Shameless shogun

汚職事件を起こした元首相を懐かしむ日本人

2016/06/11

Asia

故田中角栄首相お気に入りの自慢話は1957年、当時の岸信介首相に300万円(今の約7万ドルに相当)を詰め込んだリュックサックを渡して閣僚ポストを得たことだ。彼の政治家としての名声が高まるにつれて金額も増し、金属製のスーツケースが必要になった。彼は、1974年の首相辞任から2年後の1976年、不審な不動産取引に関する疑惑を経て、ついには自衛隊への大手納入業者だった米ロッキード社から180万ドル(今の約870万ドルに相当...

PAGE TOP