ビジネス事情Schumpeter

商品もメーカーもより「スマート」にSmart products,smart makers

モノのインターネット化は、顧客ロイヤルティー争奪戦に参戦するメーカーの強い味方となるだろう

2015/11/21

Business

カール・マルクスは『資本論』の中に、彼が「商品(commodity)」と呼んだ日常のありふれた製品の本質について、印象的な考え方を残している。彼は、商品は「非常にありふれたもの」であり、「簡単に理解できる」ものであると論じた。しかし事実はそれとは正反対である。商品は「高度に抽象的な機微と神がかり的な緻密さに満ちていて、非常に奇妙な」ものである。原始社会では、人々は宗教的な意味を持つ物品を崇めていた。彼ら...

PAGE TOP