米国とシリアAmerica and Syria

ロシアの敗北を、彼は信じているIn Russia’s defeat he trusts

パリのテロは、バラク・オバマのシリア政策を変え得なかった。変え得るものはまずないだろう

2015/11/28

United States

米国の最も古い、そして今は傷ついている同盟国との連帯の表現としては、バラク・オバマの、11月24日のフランス大統領への歓迎の言葉はいささか鼻についたかもしれない。「私たちはフランスを愛する――あなた方の精神、文化、そして生きる喜びの故に」――と彼はフランソワ・オランドに語った。「テロ攻撃以来米国人は、自分たちのパリ訪問、エッフェル塔見物、セーヌ河畔の散歩を思い出していた」。「おやおや」とオランド氏がつ...

PAGE TOP