戦争に入ったフランスFrance at war

いやいやながらの連携Coalition of the grudging

好戦的なフランスは、その同盟国にISに対する戦いは、全面的な戦争なのだとの説得を試みている

2015/11/28

Europe

11月13日のパリでのテロリスト攻撃の結果、フランスは彼らの対応を、明白な戦争への決心で組み立てた。フランソワ・オランド大統領は、「フランスは戦争に突入した」と宣言し、そしてISは、無慈悲に「滅ぼされる」だろうとした。フランスの戦闘機が、空母シャルル・ドゴールから飛び立って、シリアにあるISの標的を爆撃する映像が、毎晩のテレビのニュースで放映されている。、今やさらに5000人の兵隊が配備されて、フランスの...

PAGE TOP