小型化した自動車エンジンDownsized car engines

途方もなく縮小している機械The incredible shrinking machine

エンジンの内燃機構は、力を失わずにより小さく、より経済的に、よりクリーンになりつつある

何年にもわたり、自動車産業は呪文によって生きてきた――「大きい方が良い」との。自動車のピストンが、そのエンジンのシリンダーから排気するリットルの数は、その所有者のプライドの問題だった。これは、排気量がパワーと同等であり、そしてパワーが、<所有者が、単なるA地点からB地点へと旅をする能力以上に見せびらかしたいもの――それが何であれ>と、同等であったからである。もっとも、時代は変わった。そしてテクノロジ...

PAGE TOP