英離脱後のリベラリズムLiberalism after Brexit

怒りの政治行動The politics of anger

離脱運動の勝利は、リベラルな国際秩序への警告だ

2016/07/02

Leaders

離脱派の多くは、その運動を楽観論に基づいて構築した。EU(欧州連合)を離脱すれば、我々は英国を自由に世界に開放できるだろうと楽観した。だが彼らの勝利を確保したのは怒りだった。怒りが、英国の落ち込んでうらぶれた都市で、人々を勝利の投票へとかき立てた。世論調査が示すところでは、移民、グローバル化、社会的なリベラリズム、果ては男女同権主義に対する怒りまでが、EUを拒否する票に転化した。あたかも、勝利...

PAGE TOP