若いナショナリストたちYouthful nationalists

東アジアはピンク色The East is pink

ネット民が騒々しくすればするほど、ブランドとして成り立っていく

2016/08/13

China

共産党がいかにインターネットをフィルターにかけようと、中国国民は政治を議論する新たな方法を見出し続ける。彼らは、色とりどりの隠語をひねり出して、政治を皮肉り、検閲を逃れ、対立する相手を攻撃する。その最新の造語は可愛い響きを持っている――「リトル・ピンク」。この意味は、少なくとも最初意図したのは、表向きの意味ほど甘いものではない。これは、若いナショナリストたちを揶揄する呼び名で、彼らはインターネッ...

PAGE TOP