祖国の懐に抱かれてThe embrace of the motherland

中国の宣伝工作部が東南アジアに散っている中華系移民に言い寄るChinese propagandists court South-East Asia’s Chinese diaspora

こうして東南アジアに中国の世界観を広めている

2021/11/20

Asia

リ・ア・ファット(仮名)さんは毎晩、テレビニュースを見ている。マレーシアの首都クアラルンプール在住のリさんは60歳代のエンジニアだが、地元マレーシアのテレビ局にチャンネルを合わせることはない。彼はいつも、テレビをつけるとすぐに中国の国営放送局CCTVにチャンネルを回し、中国語の国際放送を見るという。リさんの家族は数十年前に中国を離れてマレーシアに移住してきた。故郷の親戚とは直接の繋がりもほとんどなく...

PAGE TOP