UFOよりもさらに謎Stranger things

米国政府がUFOの存在を公表するAmerica’s government comes clean on UFOs

国防総省は、軍のパイロットが目撃したモノが何なのか特定できないという

2021/07/03

United States

2004年から2021年までの間、米軍パイロットらは合計で144件の「未確認空中現象(UAP)」を報告していた(これは巷間で言われる「未確認飛行物体UFO」を意味する如何にも勿体ぶった政府機関らしい呼び方だ)。長い間待ちに待たれて6月25日についに公表された、米国の情報機関を統括する米国家情報長官室(ODNI)の報告書は、「144件のUAPの内の1つは、空気が抜けた大きな気球だったことが判明しているが、残りは謎だ」と結論付け...

PAGE TOP