中国ウォッチャーWatching China

米国のハト派の中国ウォッチャーも、最近はタカ派に転向しているEven doveish China-watchers in America are becoming hawkish

対中姿勢に関しては、バイデンとトランプの違いは小さい

2021/05/01

China

1972年2月に、リチャード・ニクソンが北京に歴史的な訪問を果たした時に、彼は毛沢東に対して、米中両国とも世界に覇権を築くような意図はなく、それゆえに両国は互いに協力し合うことができ、「両国の違いを乗り越えて共通の基盤を見出すことができる」だろうと約束した。ニクソンの電撃的な訪中は米国と中国の関係に決定的な変化をもたらしたばかりでなく米国における中国研究の重心点にも変化を及ぼした。中国ウォッチャーら...

PAGE TOP