神聖にして忌まわしきこの男Divine and damned

祝福と呪いを受けたディエゴ・マラドーナの一生The blessed and cursed life of Diego Maradona

かつてアルゼンチンばかりか世界で最も偉大だったサッカー選手が亡くなった

2020/11/28

The Americas

彼は、あの1986年6月22日の晴れ渡った午後、永遠に生きることになった。メキシコシティーのアステカスタジアムで開かれていたサッカーワールドカップ(W杯)の準々決勝アルゼンチン対イングランド戦だった。試合開始55分、ハーフウェーラインより自陣側10m内側にいたディエゴ・アルマンド・マラドーナはパスを受けるとドリブルを開始し、60mを駆け上がり、イングランド側ディフェンス5人とキーパー1人を、まるでそこにいないか...

PAGE TOP