深みから星々へDe profundis ad astra

米国イージス艦から発射される迎撃ミサイルの重要性The significance of an interceptor missile launched from an American warship

中国とロシアは自国の核抑止力を米国に台無しにされたと感じている

2020/11/21

United States

11月17日、大陸間弾道弾(ICBM)が南太平洋マーシャル諸島のクェゼリン環礁から打ち上げられた。米国の偵察衛星がその明るい噴射炎を瞬時に発見し、米コロラド州のシュリーバー空軍基地に警報を発し、そこから、ハワイ北東の海上で待機しているアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦USSジョン・フィンに情報が転送された。甲板上のハッチが開き、激しい炎と共にSM-3ブロック2A迎撃ミサイルが発射された。この迎撃ミサイルは...

PAGE TOP