小さな灰色の脳細胞Little grey cells

100歳を迎えたエルキュール・ポワロHercule Poirot turns 100

ベルギー人名探偵の奇妙な事件簿

2020/09/26

Books and arts

「彼は身長が5フィート4インチ(162.5cm)そこそこの小男だったが、常に威厳を持って振舞っていた。彼の頭は卵の形そのまんまで...彼の立派な口ひげはピンと跳ね上がっていた」。このように、アガサ・クリスティーは1920年10月に発表したデビュー作「スタイルズ荘の怪事件」の中で主人公エルキュール・ポワロを描写した。それ以来100年間、ポワロの特徴ある仕草や口癖は世界中で親しまれてきた。とは言うものの、100年前のあ...

PAGE TOP