歪んだ企業たちCorporate contortions

ティックトックは生き残れるのか?Will TikTok survive?

ティックトックとアームは将来の企業の不幸な姿だ

2020/09/19

Leaders

8月6日、ホワイトハウスはTikTok(ティックトック)に対して、45日の猶予を与えるので、その期限内に米国から撤退するかもしくは米国企業の買い手を見つけるか決めろ、と通告した。この時、この中国企業所有の動画投稿アプリTikTokが米国から消滅し、米国の1億人のユーザーを激怒させ、数十億ドルにのぼる投資家の資産が吹き飛んでしまう危険があった。今この期限の間際になって、解答が捻り出されたようだ。TikTokは9月19日、...

PAGE TOP