北斗の完全運用が開始されるBeiDou begins

中国純国産の衛星測位システムがまもなく100%稼働に入るChina’s home-grown satnav system will soon be fully functional

中国軍と深く結びつくシステムを西側諸国は受け入れるか?

2020/07/18

China

ボルネオ島の上空3万5,000キロメートルの軌道上に、中国の宇宙インフラ計画を完結させる最後の1機として打ち上げられた人工衛星が位置についた。この衛星は中国が開発と建設に30年近くをかけたBeiDou(ベイドウ/北斗)衛星測位システムを構成する最後の衛星だ。6月23日、四川省でこの人工衛星を打ち上げた中国国営企業は、北斗衛星ネットワークは7月末までには完全稼働を開始すると述べている。中国にとってこれは勝利の瞬間だ...

PAGE TOP