日本の母性文化Maternity culture in Japan

痛みなくして得るものなしNo pain, no gain

日本ではなぜ妊婦が痛み止めの処置を施されないのか

2016/10/22

Asia

東京北部にある目白助産所はいま不気味に静まり返っている――新生児の泣き声も、出産中のお母さんがいきむ声も聞こえてこない。というのも、この助産所には今、1人も妊婦がいないからだ、と院長の星野雄子さんは言う。この助産所で生まれる赤ちゃんは、月に4から6人しかいない。数年前は14から16人が生まれたという。問題は、日本の出生率が下がっただけではない。「今では、自然分娩を好む女性は非常に少なくなりました」と彼...

PAGE TOP