コロンを巡る苛立ちColonic irritation

ドイツ語を中性化させる絶望的な闘いThe hopeless struggle to make German gender-neutral

ドイツ語の名詞に性別があるのは現代の感性には合っていない

2020/01/18

Europe

「ドイツ語では、若い娘さんには性が無く、野菜のカブには性がある」と、有名な米国作家マーク・トウェインがかつてそのエッセイ「ひどいドイツ語(TheAwfulGermanLanguage)」の中で不満を漏らしたことがあった。確かに、ドイツ語の性別を支配するルールは不可解だ――なぜ「dieRübe(リューベ:カブ:女性名詞)」なのに「dasMädchen(メートヒェン:女の子:中性名詞)」なのか?[訳注:ドイツ語の名詞は男性名詞、女性名詞、...

PAGE TOP