住宅政策の大失敗The horrible housing blunder

西側世界最大の経済政策の過ちThe West’s biggest economic policy mistake

住宅所有への強い執着が、成長と公平性と資本主義への信頼を傷つけている

2020/01/18

Leaders

経済は、突然の崩壊に遭うこともあれば、慢性的な疾病に苦しむこともある。先進諸国の住宅市場はこの両方のタイプの問題を引き起こしてきた。2007年から08年にかけて、1兆ドル(110兆円)相当のサブプライム住宅ローンの不良債権化が世界の金融システムを一気に吹き飛ばした。だが、これに劣らず経済へのダメージが大きいのが、住宅問題が数十年にわたって徐々に生み出してきた住宅市場の機能不全だ――例えば、活気はあるが飽和...

PAGE TOP