欧州事情Charlemagne

ブレグジットは英語を欧州の公用語にするのに絶好の機会だBrexit is the ideal moment to make English the EU’s common language

英語は中立な公用語になるだろう

2019/06/15

Europe

EU(欧州連合)では設立直後から主に3つの言語が使われてきた。母語とする欧州人が一番多かったドイツ語、EUが外交記録の言語として好んで使用したフランス語、多くの人が第二言語として使っていた英語、である。しかし近年は、インターネットの普及と、中欧および東欧諸国の加盟により、英語の使用が圧倒的に増えている。現在、欧州委員会では文書の8割以上がまず英語で準備され、その後、英語以外のEU諸国の公用語23言語に翻...

PAGE TOP