自縄自縛になるかA trap of one’s own

「一帯一路」構想に対する批判を鎮めようとする中国China tries to calm jitters about the “Belt and Road” initiative

一帯一路構想における中国の融資には警戒すべき点はあれど悪意はない。真の問題は範囲を広げ過ぎることだ

2019/04/27

China

場所はラオス。中国人技術者たちが緑に覆われた丘陵地帯で、いつの日か東南アジア横断長距離鉄道の一部となる予定の線路を通すトンネルを掘り進めている。トンネルが1か所開通する度に――この1か月だけでも3か所のトンネルが完成した――中国人技術者たちは簡単な祝賀式典を行い、報道カメラに向かって中国の国旗を振る。式典の目的は、トンネル工事の成功を祝うことだけではなく、中国のグローバルインフラ開発計画「一帯一路」構...

PAGE TOP