危険人物が帰国するときWhen the bad guys come home

帰還するイスラム聖戦主義者の扱いに頭を悩ませる各国政府Governments are struggling to deal with returning jihadists

危険な過激派の本国帰還は簡単には済まない

イスラム国(IS)が自称カリフ制国家の樹立を宣言した直後の激動の日々にISに参加した外国人は、出身国である西側諸国との関係を喜々として放棄した。フランス、カナダなどの国々から集まったイスラム聖戦主義者たちは、出身国のパスポートを焼き捨てる映像を記録した。しかし、ISの敗北が目前に迫る今、以前は好戦的だった過激派の態度は、まるで渡航先で足止めされ悲嘆にくれているパッケージ旅行参加者のようだ。カナダ人の...

PAGE TOP