危機が再び先延ばしされるCrisis deferred, again

合意なき離脱の可能性が高まる――だが3月にではなく6月にThere is a rising chance of no deal—but in June, not March

EUは英国に時間を与える用意がある。だがそれで十分か

2019/02/16

Britain

テリーザ・メイの手法を解く手がかりは、彼女が「私は時間稼ぎをしているのではない」と言い張っていることにある。というのは、それこそまさに彼女がしていることだからだ。今週彼女は議会で、もう2週間の交渉時間をくれるよう求めた。彼女が提案した離脱協定に関する英国議会の採決は3月末までは行われないだろう。そのため、3月21日と22日のEU首脳会議が、ブレグジット(英国のEU離脱)の期限ぎりぎり1週間前の最後の、EUか...

PAGE TOP