地球の周囲をぐるぐる回るRound and round they go

低軌道人工衛星時代の到来The coming of low-Earth orbit satellites

数千の新たな衛星の打ち上げによって宇宙経済が繁栄する

2018/12/08

Leaders

宇宙はますます込み合ってきている。12月3日、スペースX社製のファルコン9ロケットが轟音を立てて空に飛び立った。このファルコン9には、64基の小型人工衛星が搭載されていた。この数はどの米国企業が1回で打ち上げた人工衛星の基数よりも多い。それらの人工衛星の用途は、宇宙用レーダーから高周波放出モニターまでさまざまだ。その内の1つには、芸術家トレバー・パグレンが設計した、放出後に30メートルに広がる反射構造体と...

PAGE TOP