欧州事情Charlemagne

フランスのユーロ圏改革案に対して反応が薄いメルケルFrance's plans for euro-zone reform get a lukewarm German response

それが(恐らく)アンゲラ・メルケルの限界かもしれない

2018/06/09

Europe

ついに来たと思ったら、「それだけ?」と拍子抜けするような返事だった。フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、昨年9月にソルボンヌ大学での演説で説明した壮大なEU改革案に対するドイツの返答を、半年以上もの間待ち続けた。マクロン氏が今か今かと待っている間に、欧州諸政府は浮き沈みを経験した――欧米関係が引き伸ばされたかと思ったら、崩壊寸前の状態に陥ったのである。6月3日、アンゲラ・メルケルがついに回答を公...

PAGE TOP