三峡の水門を開くOpening the floodgates

ポルトガルのエネルギー大手が中国国営電力会社に身売りするかもしれないPortugal’s energy giant may sell to a Chinese state-owned utility

中国三峡がEDPの買収に入札しポルトガル政府が後援している。だが、他の諸国の規制当局はこれに反対している

2018/05/19

Business

中国政府系電力会社「中国長江三峡集団(CTG)」がポルトガル最大の企業である電力会社EDPの買収を望んでいることを、欧州人は心配すべきなのだろうか。3年前、地元の銀行家フェルナンド・ウルリッヒ氏はポルトガルを「欧州における中国の航空母艦」と表現した。当時から既に、中国のバイヤーたちは、地元の「戦略的」企業について、ポルトガル政府が民営化するやその株式を先を争って購入していたものだった。CTGは5月11日にED...

PAGE TOP