英国事情Bagehot

ジェレミー・コービンの平和主義の幻想Jeremy Corbyn’s pacifist illusion

労働党党首が軍事力行使を嫌がるせいで、世界はもっと危険な場所になる 

2018/04/21

Britain

ジョージ・オーウェルはその作品「ウィガン波止場への道」の中で、やや意地悪っぽく次のように書いている。『英国の左翼には、あらゆる種類の変人――フルーツジュース愛飲家、ヌーディスト、サンダル履きの人、セックスマニア、「自然療法」愛好家、そして特に私を苛立たせる「平和主義者」たち――を惹きつける抗しがたい磁力がある』。概して、国の安全保障などの重大な問題になると、英国労働党が党に集う変人党員たちを見事な...

PAGE TOP