日本の銀行Japanese banks

下降が止まらないLow and lower

超低金利と格闘する日本の銀行 大手銀行の多くはマイナス金利でもびくともしないが、それ以外の銀行はそう簡単にはいかない

世界中の銀行が低金利と格闘している。しかし、日本ほど長期にわたって低金利が続いた国は他にない。日本銀行(日銀)が、欧州中央銀行に20か月ほど遅れてマイナス金利を導入したのは今年1月のことだが、それより何年も前から超低金利は続いていた。最初にゼロ金利になったのはなんと1999年のことだ。デフレとの長い闘いの中で、日銀は、長期金利と貸出金利のマージンを押し下げる「量的緩和」(国債の大量購入)という策を編み...

PAGE TOP