日本における過労死Death by overwork in Japan

命がけの職務Job for life

日本の従業員は働いて自殺しつつある

2007/12/22

Asia

「腹切り」は日本独特の自殺形態である。その企業版が「過労死」である。これが1980年代に死因の1つとして法的に認められて以来、過労死認定を求めての政府への申請が急増してきた――同時に、政府が認定を拒否した場合の提訴も増えた。1988年には申請のわずか4%ほどが認められた。だが2005年までにその割合は40%に達した。もし過労死と認定されれば、遺族は政府から年に2万ドルの補償金を、また、場合によってはその企業から最...

PAGE TOP