ビッグマック指数The Big Mac index

全体的に対ドル評価が上昇Meat reversion

ここ半年で下がりはしたが、依然として割高な米ドル

31年前、本紙エコノミストは各国通貨と米ドルを比較する手段としてビッグマック指数を考案した。この指数は、購買力平価の理論に基づいている。どの為替レートも長期的には、全く同じ商品のバスケットの価格を等しくするレートに向かって動くはずだ、という考え方である。バスケット内の商品にビッグマックを選んだものが本誌のビッグマック指数だ。最新のビッグマック指数によると、米国のビッグマック価格は5.30ドルであるが...

PAGE TOP