日本における情報の自由Freedom of information in Japan

機密にして隠してしまうSecreted away

保守政権が新たに厳しい秘密保護法を通す

2013/11/30

Asia

日本では、新たな秘密保護法案が11月26日衆議院で可決された。この法案に対する反対意見の1つが、破壊された福島第1原発の廃炉作業に参加している会社の社長、名嘉幸照氏が唱えたものだ。情報を厳しく統制すれば、原発で働く作業員は怖がって安全に対するリスクについて沈黙するようになるだろう、と氏は語る。さらにインターネットを利用する一般国民や、口を封じられることを恐れる新聞や、情報の自由の支持者たちのあいだか...

PAGE TOP