カナダの移民政策Canada’s immigration policy

老人の為の国ではないNo country for old men 

カナダはかつては良い市民となり得る移民を重んじたものだ。今は、仕事の提供がある人間が最前列に飛んでいる

2015/01/10

The Americas

1967年、カナダは移民者の選考過程から、差別と偏見を排除した方法を考案した。得点制度は、申込者の人種と出生国を無視した(それまでは白人が有利であった)。その代わりに教育、英語もしくはフランス語が堪能、そして職務経験を重んじた。変化に伴い、アジア人が優勢な移民グループとして欧州の白人に取って代わった。官僚の気まぐれよりもむしろメリットの上にカナダへの入国の基礎を形成するというアイデアは、その時には...

PAGE TOP