シャルリ・エブドへの攻撃The attack on Charlie Hebdo

パリのテロTerror in Paris

イスラム主義者は、言論の自由を攻撃している。だが全てのイスラム主義者を中傷することは、血なまぐさい中世主義を迎え撃つ間違った方法である

2015/01/10

Leaders

フランスの風刺雑誌、シャルリ・エブドの最新号は、ミシェル・ウェルべック――フランスとその後のEUにおけるイスラム主義化を想像して書かかれた新しい小説の著者――にスポット・ライトを当てている。批評家たちは、ウェルべック氏の本<イスラム主義者がフランスの大統領選に勝利し、その自由をイスラム嫌いの人騒がせであると譲歩する、近未来を描写している>を非難した。そして、同号が発行された日に覆面をして銃を持った...

PAGE TOP