ビル・エモット
ビル・エモット

Profile

ビル・エモット

世界的に著名な国際ジャーナリスト、作家。知日派、アジア通として知られている。1993年から2006年まで世界的週刊経済紙『エコノミスト』編集長をつとめ、発行部数を50万部から110万部に倍増させた名編集長として知られる。1990年には著書『日はまた沈む』で日本のバブル経済崩壊をいち早く予言し、世界的に注目を集めた。現在は作家、ジャーナリストとして、政治経済、世界情勢をめぐる著書や記事の執筆、日経ビジネスやフィナンシャル・タイムズに定期的に寄稿するほか、講演活動を幅広く行っている。平成28年春に"英国における日本社会の紹介及び対日理解の促進に寄与"したとして、旭日中綬章を受章。

主な著書
「西洋」の終わり 世界の繁栄を取り戻すために 2017
なぜ国家は壊れるのか イタリアから見た日本の未来 2012
変わる世界、立ち遅れる日本 2010
日はまた昇る 日本のこれからの15年 2006
日はまた沈む―ジャパン・パワーの限界 1990

経歴

1956年イギリス生まれ。オックスフォード大学モードリン・カレッジ卒。1980年に世界的に権威ある週刊経済紙『エコノミスト』(The Economist)に入社し、ベルギーのブリュッセル、イギリスのロンドンでの記者生活を経て、1983年から3年にわたり東京支局長として活躍。1993年には編集長に就任し、2006年までの13年間の在任期間中に発発行部数を50万部から110万部に倍増させるなど、名編集長としてその名を馳せた。数多のジャーナリズム賞を受賞。
ビル・エモット 公式サイト
The Wake Up Foundation

「⻄洋」の終わり
世界の繁栄を取り戻すため

⽇経新聞、朝⽇新聞、毎⽇新聞、読売新聞、⽇経ヴェリタス、⽇経ビジネス、週刊ダイヤモンド……各紙誌で話題の 著作。グローバル化の進展がもたらした不平等の拡⼤を背景に、世界中で移⺠排斥や孤⽴主義を訴える政党の⽀持率が上昇し、世界は急速に閉鎖的な空間になりつつある。蔓延するポピュリズムは、第⼆次世界⼤戦以降の⻄側先進国の「繁栄」を実現してきた「⻄洋」の理念―開放性と平等―を捨て去り、各国の協調関係を分断し、⼀国内でも断絶を引き起こすかもしれない。私たちはいま、「⻄洋の繁栄」の終わりの始まりにいる。それを避けるために、⼀⼈ひとりと国家は何をすべきか?知⽇派として名⾼い国際ジャーナリストが、⽶国、英国、欧州、⽇本、スイス、スウェーデンを事例に「⾃由」と「豊かさ」を守るためにいま取るべき⾏動を提⾔する。

「西洋」の終わり

ビジネス界、学術・教育界でも活動

ビジネス界、学術・教育界でも活動を行い、ロンドン・ライブラリーの理事会会長(2009-15年)、イー・アクセス社外取締役(2006-9年)、英国情報通信庁の非業務執行取締役およびコンテンツ理事会会長(2016年)をつとめた。現在は、スイス・リ再保険会社顧問、東京大学プレジデンツ・カウンシルのメンバー、全日空UK顧問をつとめている。また、2013年にイタリア人映画作家とともに共同設立した、西洋社会の凋落をふせぐための教育・啓蒙活動組織『ザ・ウェイクアップ財団』の活動も行っている。

PAGE TOP