The Economist Online Service for Japanese, (株)イーアイエス

このサービスは、世界の政治・経済ニュースをリードする『英国エコノミスト誌』の主要記事を日本語にし、オンラインで購読できる画期的な情報メディアサービスです。毎週、日本語訳記事を更新しております。また、購読会員は英国エコノミスト本社が運営するサイトにアクセスできます。(右にある「会員特典」をクリックして下さい)今こそリーズナブルに情報入手を・・・



  Is this really the end?
   Nov 26th - Dec 2nd 2011




 Leaders

ユーロ圏  The euro zone
これで本当に終わりなの?  Is this really the end?

(2011年11月26日)


ドイツと欧州中央銀行(ECB)が早急に行動しない限り、単一通貨の崩壊が迫っている

たとえユーロ圏が急速に崩壊に向かっているとしても、大半の人々は最後には欧州の指導者たちがどんな手段を使ってでも単一通貨を救済すると考えている。それはユーロの倒壊の結果は、あまりにも大災害となり、分別のある政治家ならばいかなる人間でも..........more




 Leaders

スーパー委員会の失敗  The supercommittee fails
落ち目の議会  A downgrade for Congress

(2011年11月26日)


赤字を制限するための手段を巡って合意することに失敗したことで、米国の政治家たちは、その国家を弱めてしまった

それはさほど野心的な目標ではなかった。議会の「スーパー委員会」に求められていたことと言えば、今後10年間にわたり1.2兆ドル分の予算の赤字を削減する一連の手段を探し求めることであった。それは大変な作業のように思えるが.........more




 Leaders

エジプトの大騒動  Egypt’s turmoil
将軍たちは去らねばならない  The generals must go

(2011年11月26日)
 

エジプトの総選挙は先に進まねばならないが、将軍たちは早く出てゆかねばならない

約1年前に革命が勃発して以来、アラブ世界がこのような大騒動に巻き込まれたことはなかった。その全てが始まったチュニジアは、十分うまく行っている。だがカダフィ大佐を転覆したリビア――最近は彼の息子の後継者を捕まえた..........more




  Leaders

シェールガス  Shale gas
破砕せよ  Frack on

(2011年11月26日)

人々は、破砕ではなく、炭素についてもっと関心を持つべきだ

最近のロンドンでのシェールガス産業に関するにぎやかな会合で、エネルギー企業は欧州での同燃料について、バラ色の展望を語った。米国と同じように、欧州は広大なシェール岩床――その中に無数の天然ガスの泡が閉じ込められている――を保有している..........more




 Asia

中国の政治  Governing China
広東モデル  The Guangdong model

(2011年11月26日 佛山、廣州)

中国のある省が気持ち良いほど開かれた取り組みを導入した――ある程度のところまでは

とにかく目立とうとする外国の政治家とは違い、中国共産党の幹部らはその野心をひた隠しにする。どちらかと言えば灰色の保守主義を示し、変革などとんでもないと強調するのだ。だが中国は来年後半に指導者らが交代するため、一部の高官は..........more




 Finance and economics

日本の証券取引  Japan’s stock exchanges
転覆ではなく上場を  Listing,not keeling

(2011年11月26日 東京)

東京と大阪の証券取引所が経営統合する

日本でバブルが崩壊した1年後の1990年、東京証券取引所(東証)は世界の株式時価総額の3分の1を占めていた。それが現在ではわずか7%だ。今や他のアジア諸国の証券市場に投資家と新規上場が押し寄せるようになった。中国の株式市場の価値は今や ..........more




 Science and technology

日本の科学  Science in Japan
ラットやロボットの楽園  Where rats and robots play

(2011年11月26日 那覇)

日本の科学界には大改造が必要だ。沖縄の新しい研究機関が大改造の端緒になるかもしれない

大学といえば我々がまず連想するのは、オックスフォード大の修道院を思わせる静謐さ、マサチューセッツ工科大の様々に入り組んだ建築様式の無秩序さ、はたまた、モスクワ大の1950年代の残忍さかもしれない。亜熱帯性の島に建つダリ風の建築物で..........more

最 新号のご案内

今週のエコノミスト

The Economist

2017/7/15発売
Liu Xiaobo, China's conscience

定期購読申込

グローバルでバランスのとれた視点を。

国際政治・経済週刊誌

The Economist

英国エコノミストを閲覧
SSL グローバルサインのサイトシール